映画紹介

【おすすめ】北朝鮮の生活が垣間見える映画5選!

【北朝鮮】って不思議な国ですよね。

あまり公表されていなく未知数なところがあるからこそ興味が出るんですよ!(私だけ??)

 

本記事では、筆者のオススメ!「北朝鮮の生活や文化が垣間見える映画」のご紹介をします。

 

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

ソース画像を表示

解説

北朝鮮の核開発をめぐり緊迫する1990年代の朝鮮半島を舞台に、北への潜入を命じられた韓国のスパイの命を懸けた工作活動を描き、韓国で数々の映画賞を受賞したサスペンスドラマ。92年、北朝鮮の核開発により緊張状態が高まるなか、軍人だったパク・ソギョンは核開発の実態を探るため、「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」というコードネームの工作員として、北朝鮮に潜入する。事業家に扮したパクは、慎重な工作活動によって北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長の信頼を得ることに成功し、最高権力者である金正日と会うチャンスもつかむ。しかし97年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を懸けた工作活動が無になることを知ったパクは、激しく苦悩する。監督は「悪いやつら」のユン・ジョンビン、主演は「哭声 コクソン」「アシュラ」のファン・ジョンミン。

映画.com
https://twitter.com/fujimonpro/status/1141752206607077376?s=20

映画.comの評価は4.0/5.0

韓国のスパイが北朝鮮に潜入するというお話。

劇中では、なんと北朝鮮のトップが登場!!(本物ではないですよ)

リアルな南北関係と北朝鮮の文化が垣間見れ、興味がある人に超オススメ!!

 

鋼鉄の雨

ソース画像を表示

解説

北朝鮮のクーデターにより一触即発の状態に陥った朝鮮半島を舞台に、戦争を阻止するべく奔走する男たちの戦いを描いた韓国製サスペンスアクション。北朝鮮でクーデターが起こり、最高指導者が瀕死の重傷を負った。その場に居合わせた元エリート工作員オム・チョルウは、意識不明の最高指導者を連れて韓国へ脱出する。北朝鮮の宣戦布告により緊張が走る中、偶然にも韓国の外交安保首席クァク・チョルウと出会ったオムは、最悪のシナリオを回避するべくともに奔走する。オム役を「アシュラ」のチョン・ウソン、クァク役を「哭声 コクソン」のクァク・ドウォンがそれぞれ演じる。監督・脚本は「弁護人」のヤン・ウソク。

映画.com
 

映画.comの評価は3.9/5.0

北朝鮮の「仕事は何がなんでもヤリきる精神」を見せつけられました。

北朝鮮の束縛された生活も垣間見れ、こちらも顔は映りませんが、将軍様が出演しております。

北朝鮮強制収容所に生まれて

ソース画像を表示

解説

北朝鮮の強制収容所で生まれ育ちながらも奇跡的に脱北した青年の想像を絶する半生に迫ったドキュメンタリー。北朝鮮の政治犯強制収容所で政治犯の両親の間に生まれ、幼少時から強制労働や飢え、看守の暴力を強いられて育ったシン・ドンヒョク。23歳の時に運良く収容所を脱出した彼は、北朝鮮から中国を経てやがて韓国へとたどり着く。ドイツのドキュメンタリー作家マルク・ビーゼが、シン本人へのインタビューを中心に、2人の元収容所関係者にも話を聞き、収容所の衝撃の実態を明らかにしていく。

映画.com

映画.comの評価は3.5/5.0

北朝鮮の収容所問題(人権問題)を議題にした重く生々しい映画となっています。

見るのが辛く感じてしまう人がほとんどだと思う。しかし、その現実を知るいいきっかけになった映画です。

 

ハナ 奇跡の46日間

ソース画像を表示

解説

世界卓球選手権で韓国と北朝鮮が結成した史上初の南北統一チームの実話を、「第7鉱区」のハ・ジウォン&「空気人形」のペ・ドゥナ共演で映画化。1991年、韓国ではスター選手ヒョン・ジョンファの活躍で卓球ブームが巻き起こっていたが、強豪・中国を倒すことができずにいた。そんな折、日本で開催される世界選手権を前に、韓国と北朝鮮による統一チーム「コリア」が結成される。しかし、選手たちはライフスタイルや練習方法の違いにいがみ合うばかりで……。

映画.com

 

 

映画.comの評価は4.0/5.0

南北合同の卓球チームが南北の壁を越えて、厚い信頼、絆ができる。

筆者は特におすすめしたい!実話であり、同じ民族が一つになることが簡単そうで難しいんだなと感じさせられた。

最後は本当に涙すること間違いなし!

ワンダーランド北朝鮮

ソース画像を表示

解説

北朝鮮という国家の本当の姿を求めて同国に暮らす普通の人々を取材したドキュメンタリー。北朝鮮の本当の姿を知りたいと思った韓国出身のチョ・ソンヒョン監督が、北朝鮮で映画製作を行うため韓国籍を放棄し、ドイツのパスポートを得て北朝鮮に入国。同胞として迎えられたチョ監督は、エンジニアや兵士、農家、画家、工場労働者といった市井の人々に取材を敢行し、デザイナーという言葉は知らないが「今までにない独創的な服を作りたい」と夢を抱く縫製工場員の少女や、美しい女性を描くことを楽しむ画家の男性など、経済制裁下で慎ましい生活を送りながらも、どこか懐かしさを感じさせる人々と出会う。また、経済制裁を受けているからこそ自然エネルギーを活用する循環型の暮らしがあるなど、北朝鮮の意外な一面も明らかにされる。

映画.com

 

 

映画.comの評価は3.0/5.0

ドキュメンタリーなので、がっつり北朝鮮の生活や文化に触れているところがオススメポイント!

本当に幸せなの?と疑問に思うのは発展した国に住む人たちなんだろうな~と感じた。

幸せは人が決めるんじゃない!自分で決めるんだ。

まとめ

最後に【北朝鮮の生活が垣間見える映画】をまとめます。

  • 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男
  • 鋼鉄の雨
  • 北朝鮮強制収容所に生まれて
  • ハナ 奇跡の46日間
  • ワンダーランド北朝鮮

 

ABOUT ME
chino-mark
初めまして! Chinoと申します。 田舎町に住むごく普通の会社員です! 転売やせどりといった物販副業を主としたブログを運営しております。 読者の皆様のお役立て頂ける記事を! と日々奮闘して記事を更新しています。 役立ったな!助かる!と記事を見て思っていただいた方がいれば、ぜひコメントください。 今後ともよろしくお願いいたします。